池袋で出会いがあり当時は自由だった

他の日本人も同じことを言っているようです。

ここで少し「理論」を適用しましょう。池袋で出会い

第二次世界大戦以前は、売春は日本を含む世界の多くの国で合法的でした。当時、婦人は慰安所を運営していた民間企業によって雇用されていました。米軍の報道によると、「婦人は顧客を拒否する自由を持ち、高い給料を払っていた」という。戦争セフレではないにもか池袋で出会いかわらず、日本軍が婦人を転がすことがなぜ必要だったのでしょうか。

主に、婦人については、「私たちは毎日20-30人の日本の兵士を扱いました」が、あなたは電卓を使ったことがありますか? 20万人の婦人を仮定すると、毎日400万人から600万人の性的サービスがあるでしょう。現代の歴史家俊彦によれば、日本軍は1943年に約100万人の人員を擁しています。池袋で出会い

 

池袋にも出会いがいっぱい!

 

日本の兵士全員が毎日4〜6回慰安所に行きました。このように、あなたはきちんと生きることができないでしょう、戦争だけではありません。

日本は婦人問題を「感情論」で論じているが、大学生でも理解できる少しの「理論」を当てはめれば乏しい話ではない。問題は、日本政府と国民が疑いを持っておらず、彼らが世界中で聞いているということです。うそがわかったときの反応は想像できないでしょう。池袋で出会い

親愛なる皆さん、神は日本とアメリカであなたを祝福します。

またね!池袋で出会い

■Tony Marano評論家。 1949年生まれ。テキサスを拠点とするイタリア系アメリカ人。サラリーマン池袋で出会い
退職サイトから引退した後、我々は毎日ビデオサイト「YouTube」を見直しています。世界の何でも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です