お盆のイベントがある池袋

7月13日の池袋(月末の場合は8月13日)、先祖の霊を迎えるために、もみ殻(麻皮の茎)が門の前にかれました。

き火は、すでに亡くなった家族や自分の人生を引き継いだ先祖の感情を表現する経験豊かな言葉です。

しかし、それはお盆のイベントであるため、帰国した池袋についての考えはしばしば一緒にenられます。

私の先祖が子供としてここに戻ったと聞いたが、子孫は多いと思う。
25〜31歳までが池袋で出会い

火が戻ってくるのを見て、星のように見えないと思った。

今日は仕事から家に帰る途中で線香花火を買い、庭でそれを試してみます。

私は感情が重要だと思います。

草の香り、池袋の香り、魂
(石田明子)
流れ星 ”
彗星の夜
流星と同じ数の世界に生まれた
流れさえしない愛と星
飛行星、路地裏の猫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です