女性と幸せを祈った池袋の出会い

2015.06.19池袋の出会い

ハ〜イ!日本人みんな。日本、日本news「婦人被害者12人が死亡した」「生存者」池袋の出会い
記事「50人へ」が配布されました。 両方とも11歳の夜に老化により死亡したと言われています。 まず、私は亡くなりました
女性の幸せを祈りたい。 遺族に心からのお悔やみを申し上げます。

池袋の出会いその際、元婦人「ナナムの家」の施設に住んでいた女性の年齢は「80歳」と表記されていました

 

池袋にも出会いがいっぱい!

あなたに会えてうれしいです。 日本の場合は、数え切れないほどの年であるため、日本でも79歳で、アメリカンスタイルです。 今年の戦後70年
それで、この女性は9歳で戦争を終えました。

私が婦人として2年間働いていたら、それは私が7歳の時に婦人になったという計算になるでしょう。 私は大大学2年生です。 70年前とはいまあ、こんなことが起こったとは思えません。日本はまた、「20万人の日本人女性が強制的に連れ去られた」と主張しているが、米国の報告には日本人男性が戦って戦ったという記録はない。私が父であるならば、私は銃と戦います。池袋の出会い

問題は、日本政府がその女性を「婦人被害者」として登録したことです。合計238人の登録者
たとえ彼らが本当に日本の婦人であったとしても、彼らは疑われているようです。池袋の出会い

最近、私は日本人男性と話しました。

私は「婦人238人で、20万人ではないか」と尋ねた。それから、日本人男性は言います、「戦争の終わりに、日本は戦争女性の婦人システムを廃止するために多数の婦人を回った」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です